新ゴルフじゃねえってばよ!

主に日々の徒然を書き留めつつ、巷に己の欲望を宣言しつつも必ずしも実行するとは限らないココロの青春日記。なんじゃ、それ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実現できる事は実現してしまうのがヒトの性だと言いますが....

Winnyの開発者が有罪判決を受けましたな。求刑が懲役1年のところ罰金刑ということなので、かなり軽めに「まとめてきたな」という印象です。判決では「Winny自体は技術的に有用かつ有意義で、クロではない」とされておりますな。ま、妥当なところでしょう。要するに、ファイル交換ソフトを開発した事自体はシロという事です。今回の判決が有罪となったのは、Winnyを作ったことではなく、開発者が「Winnyユーザーの犯罪行為を幇助した」のがイカンという判断らしい。
とはいえ、開発者は自らのHPとか「2ちゃんねる」で違法行為はしないように告知してきたと主張していて、考えてみるに個人としてのフリーソフト作者にそれ以上の行動を実現せよというのは現実的には無理でしょうなぁ。まあ、そうは言っても、Winnyの場合、開発者はWinMXによるファイル交換で逮捕者が出た事を受けて開発をスタートしているので、大多数のWinnyユーザーが著作権侵害に及ぶ事は十分に予見できていたワケで。そういう状況で、匿名性のあるファイル交換ツールを公開・配布したのだから「犯罪行為の幇助に相当する」という主張には、まあ一理あるかな、という気はいたしますね。
ファイル交換ソフトの性能を確認するためには大量のトラフィックと多数のノードが必要なワケだが、これをボランティアベースで実現するのはまず不可能でありましょう。トラフィックを上げるためにはどうしても大勢が興味を持つコンテンツが必要だし、ユーザーが積極的にファイルを公開したくなるシカケが必要だ。こういった、著作権侵害の発生を前提にしたシカケがなければトラフィックも上がらずWinnyの技術を検証することもできなかっただろうしねぇ。技術の暗黒面だな、これは。

で、実はここからが本題なんだけれども、Winny開発者の行為が犯罪行為の幇助にあたるのであれば、一時、大量発生したファイル交換関連の書籍を制作、販売していた人々は「シロ」なんだろうかね? 開発者本人よりよっぽど積極的かつ大々的に犯罪行為を助長し幇助していたように思えるんですが、どーなんですかね? 開発者が「クロ」なら、彼らも「クロ」だと思いますが、いかがなもんでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/20(水) 02:14:44|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<服を調達したい | ホーム | 工事現場は男のロマン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://notgolf.blog50.fc2.com/tb.php/111-9ed913ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

いずみだ

Author:いずみだ
横浜在住の元道民。
VW POLOとMAZDA Roadsterの8輪生活を満喫中

一等地

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。